副作用が出にくいって本当?タダシップ服用時の注意

3大ED治療薬シアリスと同じタダラフィル有効成分を持つタダシップ。

ED治療薬の副作用発症率は高く、利用するほとんどの人が副作用を経験しているという事をご存知でしょうか?

そんななかタダシップを含むタダラフィルを有効成分にもつ治療薬は、副作用の発症率も低いとされています。

とはいえ医薬品ですので、リスクはゼロなのかと言われるとそうではありません。
今回はタダシップの副作用について説明していきましょう。

どんな症状がある?タダシップの副作用

どんな症状がある?タダシップの副作用

タダシップの副作用で挙げられる症状は以下の通りです。

タダシップの副作用
・頭痛
・鼻づまり
・ほてり
・消化不良
・筋肉痛
・めまい
・動悸
・目の充血
・睡眠障害
・倦怠感
・四股痛
・背部痛
ETC…

タダシップは副作用が出にくい!

有効成分は違いますが、血管を拡張させ血流を良くするED治療薬は、それに伴って副作用を発症するため、頭痛や鼻詰まり、ほてりなど基本的に症状も同じです。
しかし発症したとしても、症状自体それほど強くない場合がほとんど。その他のED治療薬より軽い副作用で済みます。
なぜなら有効成分のタダラフィルは、身体へ吸収されるスピードがとても緩やかであるからです。そのため身体に余計な負担をかけることなく利用出来ます。

副作用発症率を比較してみよう

ED治療薬の有効成分はタダラフィルの他に、バイアグラの「シルデナフィル」やシアリスの「バルデナフィル」があります。この3つの副作用発症率は以下をご覧ください。

タダシップ(シアリス) バイアグラ レビトラ
有効成分 タダラフィル シルデナフィル バルデナフィル
副作用発症率 比較的弱い
30%
強い
90%
強い
90%

 

シルデナフィルやバルデナフィルが90%の副作用発症率があるのに対し、タダラフィルは30%と半分を切っています。上記でも述べていますが、発症したとしても軽く済む場合がほとんどであることから、初心者の方やED治療薬の副作用を出来るだけ避けたい方に喜ばれています。

重度な副作用もある?

副作用の発症率が低く、症状が現れたとしても軽く済む場合がほとんどであると説明しましたが、以下の重度な副作用の報告もあります。

重度の副作用
・狭心症
・腎機能障害
・排尿困難
・心筋梗塞
・心臓突然死
・脳卒中
・勃起持続症
・視覚障害
etc…

身体に優しいとはいえ医薬品ですので、まったくリスクが無いのかと言われるとそうではありません。
こういった事実も踏まえた上で服用を見当しましょう。

もしもタダシップを服用して、身体に何らかの異常が見られれば速やかに医療機関を受診し医師の診察を受けてください。

副作用を出来るだけ回避するには?

副作用を出来るだけ回避するには?

タダシップの主な副作用としてあるのが頭痛や鼻詰まり、ほてりです。

ほてり程度だと生活に支障はそこまでないかもしれませんが、頭痛や鼻詰まりは度合いによって気になる人もいるでしょう。なかには気になってセックスに集中できない人もいるかもしれません。その場合は市販の頭痛薬や鼻炎薬を飲んで対処してもOKです。
また、副作用のリスクをさらに下げたいのであれば、正しい服用方法を行う事がベスト。

正しい服用方法についてはコチラ タダシップの服用方法 基本と応用をマスター

間違った服用方法によって副作用を発症しやすくなります。上の記事を合わせて読む事をオススメします。

ED治療薬の副作用リスクが心配、治療薬初心者の方はまずはタダシップを始めてみてはいかがでしょうか。